読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋をしないでいられなくなる

君よずっと笑ってて

河合郁人さんのはなし

ジャニーズ A.B.C-Z

アイドルとしての河合郁人さんがわたしはすきです、という話をしようかなと思います。
(もし河合担のみなさんを不快にしてしまったらごめんなさい)



河合郁人」という人は、パッとバラエティーでみるとおもしろおかしくしゃべっていて一見アイドルぽくないように思える。


私がA.B.C-Zを好きになる前から、河合くんはしゃべりがおもしろいということを知っていたくらいである。

だけれど、A.B.C-Zがパーフォマンスをした時もっとも「ジャニーズらしいアイドル」なのは「河合郁人」なのだと私は思う。


このグループの中でもっとも「ジャニーズらしいアイドルたれ」と自分に高いハードルを課しているのではないかな、と思うくらいに。(キスマイの北山宏光さんもバラエティーではおもしろキャラだけど、パーフォマンス中は死ぬ程カッコいい)


「誰よりもジャニーズらしいアイドルたれ」の指針の元、コンサート中の彼の動きは隈なく計算され尽くしているように私には感じられるのだ。アイドルらしく最大限にカッコつけられている。私は彼のそういう徹底されたプロ根性が本当に本当にすきだ。


常に歌も踊りも一定のクオリティをたもって提供される。見ていて安心する。安心と信頼のカワイフミトなのである。笑


そして、それと対極にいると言えなくもないのが私の自担の戸塚祥太くんであろう。

戸塚くんは安定している、とはいえない。
ちょっと前にもんんん?ってなることがあったりした。

テレビに出るときいたらどんなビジュアルかな?っとオタクがザワザワするアイドルなんて珍しいだろう。

ハマらないときは本当にどうしたの?って時もたまーーーにある。
だけど、起死回生の一発が本当に本当にすごい。

なんてったって髪の毛切っただけでオタクを泣かせる男なのである。

戸塚くんが葛藤しながら進んで行く姿をみるのが好きなのですが。笑


「ある種完成された安定感が魅力のアイドル」と「完成されていない不完全さが魅力のアイドル」というアイドルとしてのスタンスが全く正反対の2人がほぼ同時に入所してシンメである、という事実。


外見のタイプも系統のちがう美しさであるけれど、並ぶと異様にしっくりくる。
踊りのタイプもちがうけれど並んで踊ると美しい。まさしく相互補完の美しさなんじゃないかな、と思うのだ。

腐れ縁をこの眼で観れたことは一生の宝物にちがいない。


河合郁人はいつでも完璧アイドルを私たちに提供してくれる。おかげで踏ん張れたことが何度もある。彼には本当に頭が上がらない。

これからも素敵なアイドルでいようとする貴方のことを応援しています。