恋をしないでいられなくなる

君よずっと笑ってて

担当とはなにか考えてみた。

・今回のブログエントリでは担降りの話題が出てくるので、苦手な人はバックしてね!


「担当とはなにか。」

きっとジャニオタの数だけこの問いの答えがあるんだろうと思います。

担当、というのはジャニオタにとってもっとも大事な看板のようなものですけれど、人によって定義が曖昧なものでもあり。
人の担当についてのアレコレ聞くの大好きなんですよね。
ブログなんかを読んでて、「はて、私にとって担当とはなんぞや?」と考えてみたので、付き合ってくださる方は是非。



人によってはたったひとり。
ある人は何人も担当がいたり。

あ、私は複数担当容認派です。(自分がそうかは置いといてね)


「担当」というのはジャニオタにとって、アイデンティティ、存在価値だったりする。

私にとってはその時の自分にとって、1番愛を傾けられる人なのかなー。と。
この愛は、言葉通りの意味の他にもお金だったり時間だったりも含む訳です。

ジャニーズに好きな子が私にはたくさんいますけれど、全員に同じだけの「愛」を注げていますか?って言われると確実に答えは「NO」です。

私には時間はあるかもしれないけれど、お金はない。確実に。(ごめんね)
だから、複数担当がいて、全員にお金かけてる人を本当に本当に尊敬してます。


だからその人を1番に出来なくなった時が担降りなんだと思います。わたしの。



何度か担降りをした私ですけれど、その後にすっぱり気持ちがなくなった人とそうでない人がいるので、一概に降りたら冷めました!みたいには言えなくて、ときどき古傷がイテテッ…となったりしております。



現担当のはなし。

今年の5月に戸塚祥太くんを意識するようになり、そこから転げ落ちるまでが本当に早かったな、と思います。自分でも笑っちゃう。

戸塚くんは今までのどの担当ともちがっていて、わたしの感情にダイレクトアタックしてくるんですよ。

だから彼をみてめちゃくちゃハッピー!になるときもあれば、本当に本当にしんどくなって苦しい〜〜!!なんでこんなにしんどいの〜〜!ってなる事もある。

こんなアイドルって他にいない、と思ったんですよね。

見ていてしんどくてしんどくてしょうがなくなって、でもどうしようもなく好きっていう。どうしてくれんじゃこの野郎。笑


割と今までの担当には「かわいい」しか向けてこなくて。
もう箸持っててもかわいい!みたいな、無条件にかわいいと言える存在。

だから戸塚くんをみていて沸き起こる自分の感情が何なのかわからなさすぎて、しばらく自分と自問自答するハメになり…笑


当時の担当が吹っ飛ぶくらいの威力があって、本当にしばらく呆然としていたことを思いだす…。最初の1カ月本当にひどかったわ…笑



戸塚くんが今までのどの担当ともちがう枠に収まっていて、前の担当はかわいい枠にしっかりと収まったままなので「はて、私は一体誰担…?」となり、戸塚くんは担当なのか、とぐるぐるしてましたが、どう考えても戸塚くんに今1番愛を向けてるな、と認めて、戸塚くんを担当にしました。


ただ、玉森くんも未だに大好きで、いうなれば推しなのかな…と時々悩みます。降りた、という感じがあんまりしないんですよね。(ジャニーズで推しって概念あるのかな)
キスマイのDVD買うし、テレビ見てるし、雑誌も買うし…。
今までの好きとそこまで大きく変わった訳じゃなく。
この問いに答えは出るのかしらん。
昔の副担って言葉めっちゃ便利だったよなぁ…。


担当は1人だけど、推しは何人かいる。
私はそんな感じです。


P.S
とつかくんに対してちょーー重いのでごめんね!本当ごめんね!各方向に!笑